NY金:反落、3週間ぶり高値から下げる-ドルや株価の上昇で

13日のニューヨーク金先物相場は反落。約3週間ぶり高値から下げた。世界的な株高やドルの値上がりを背景に、逃避先とされる金の需要が減退した。

  RJOフューチャーズ(シカゴ)のシニアマーケットストラテジスト、フィル・ストライブル氏は電話インタビューで、「ドルの上昇と株の強さは確実に金市場を圧迫するだろう」と述べた。

  ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物6月限は前日比1%安の1オンス=1248.30ドルで終了。5営業日ぶりの下落となった。

  銀先物5月限は前日比0.6%高の1オンス=16.325ドル。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のプラチナも上昇。パラジウムは下落した。

原題:Gold Drops From Three-Week High as Dollar, Global Equities Rally(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE