中国の鉄鋼輸出、3月は30%増-他国メーカーへの脅威続く

中国の鉄鋼輸出は3月に反転し、年初来最高の水準に膨らんだ。昨年の記録的な輸出急増で鉄鋼価格が世界的に落ち込み、苦しい経営状態に追い込まれた他国の鉄鋼メーカーにとって、競争上の脅威が続いていることが浮き彫りになった。

  中国の税関総署が13日公表した貿易統計によると、3月の鉄鋼輸出は前年同月比30%増の998万トンに達し、2月の811万トンを上回った。1-3月では前年同期比約8%増の2783万トンに上った。

  国内で鉄鋼がだぶつく中国メーカーは、過去最高水準に輸出を拡大させている。一方で中国製鉄鋼製品の大量流入を受けて他国のメーカーは危機的状況に陥り、オーストラリアのアリウムは破綻、タタ・スチールの英国事業も将来が不透明な事態となっている。

  中国冶金工業計画研究院の李新創院長は先週香港で開かれた会合で、中国国内の需要が長期的に縮小する見通しであるため、高水準の輸出が続くと予想した。2015年の鉄鋼輸出は過去最高の1億1200万トンに急拡大し、貿易摩擦を生じさせた。

原題:No Cheer for World’s Steelmakers as China Exports Surge 30% (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE