米JPモルガン、石油・ガス関連ローンで貸倒引当金積み増し

石油ブームを後押したウォール街の銀行の痛みは続きそうだ。

  13日の発表によると、JPモルガン・チェースは石油、天然ガス、ガスパイプライン業界向け融資での貸倒引当金を1-3月(第1四半期)に5億2900万ドル(約580億円)積み増した。エネルギー関連の引当金は総額で13億ドルを超えた。同行は5億ドルを積み増す見通しを示していた。

  同行はまた、金属と鉱山ポートフォリオでの損失に備えるため1億6200万ドルを引き当てた。2月に示した積み増し額の見積もりは1億ドルだった。

原題:JPMorgan Sets Aside More Cash to Cover Souring Oil and Gas Loans(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE