JPモルガン:1-3月利益予想上回る、トレーディング収入減が小幅

更新日時
  • 費用は7%減の138億ドル-報酬が減少
  • 収入は3%減の241億ドル、予想上回る

資産規模で米銀最大手JPモルガン・チェースの1-3月(第1四半期)利益はアナリスト予想を上回った。トレーディング収入の落ち込みが大方のアナリストの見込みよりも小さかった。

  13日の決算発表によると、純利益は55億2000万ドル(約6000億円、1株当たり1.35ドル)と、前年同期の59億1000万ドル(同1.45ドル)から6.7%減少した。調整後の1株利益は1.41ドルとなり、ブルームバーグがまとめたアナリスト29人の予想平均である1.25ドルを上回った。

  収入は前年同期比3%減の241億ドル。アナリスト予想平均は238億ドルだった。金利外費用は7%減り138億ドルとなった。投資銀行とトレーディング部門の報酬費用および法的費用が減少した。

  同行は2月に、年初からのセールス・トレーディング収入が前年同期に比べ20%減少していると明らかにしていた。この日の発表によると、債券トレーディング収入は13%減の36億ドルで、一部のアナリスト予想を上回った。株式トレーディング収入は5%減の15億8000万ドル。ブルームバーグが調査したアナリスト7人の予想は13億5000万ドルだった。法人・投資銀行部門の利益は22%減、収入は15%減となった。

  ニューヨーク時間午前7時2分現在、株価は2.5%高の60.75ドル。

原題:JPMorgan First-Quarter Profit Declines 6.7% on Bond, Stock Slump(1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE