森ビル:虎ノ門に超高層ビル3棟建設、高級住宅など-事業費4000億円

  • 森ビル:日比谷線新駅に直結の超高層ビルを計画-ホテルやオフィス
  • 辻社長:東京オリンピックまでチャンス、この4-5年が勝負だ

大型オフィスビルや高級住宅の開発を手がける森ビルは虎ノ門で新たな超高層ビルを3棟建設すると発表した。14年に開業した虎ノ門ヒルズの近隣に大型の一体開発を進めることで、同社が戦略的に開発を進めている虎ノ門エリアのオフィス街としての競争力向上を目指す。

  13日に記者会見した辻慎吾社長は「東京オリンピックまでチャンスだと思う。この4-5年が勝負だ」と意気込みを語った。3棟の総事業費は約4000億円を想定しているという。地上56階建ての高級住宅棟と地上36階建てのオフィスビル棟は、今年度の着工と19年度の完成を予定、オフィス・ホテルなどの複合超高層ビルは22年度の完成を目指す。

  22年度完成予定の複合超高層ビルは、東京メトロ日比谷線虎ノ門新駅(仮称)と一体的に開発し、新駅と直結する予定。

  森ビルの創業の地で保有オフィスビルが多い虎ノ門はもともとは古いオフィス街だったが、東京オリンピック・パラリンピック開催を追い風に、交通インフラ整備を含めて大規模な再開発が相次いでいる。森ビルの資料によると、虎ノ門の地価は13年から16年に34%上昇した。辻社長は今回の大規模再開発について「良いパートナーがあればいっしょにやっていくこともある」と述べた。

  森ビルは14年の虎ノ門ヒルズ開業の際に、虎ノ門など港区で今後10年間で約10件、事業規模で1兆円の大型プロジェクトを進める考えを公表している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE