中国株:上海総合指数、3カ月ぶり高値-3月の輸出が予想上回る増加

更新日時
  • 景気回復に向けた「蜜月期」だ-珩生鴻鼎資産管理の戴明氏
  • 香港市場でH株は4%高、ハンセン指数3.2%高

13日の中国株式相場は上昇。上海総合指数が約3カ月ぶりの高値となった。素材株とエネルギー銘柄を中心に買われた。3月の中国輸出が増加に転じ、予想を上回る伸びを示したことが好感された。

  上海総合指数は前日比1.4%高の3066.64と、1月8日以来の高値で終了。CSI300指数は1.3%高で引けた。中国のドル建て貿易統計によれば、3月の輸出は前年同月比11.5%増加。2月は同25%減少だった。

  エン州煤業(600188 CH)が8.2%高と、石炭株の上げを主導。中国国際金融(CICC)が供給逼迫(ひっぱく)のため一部の石炭製品の価格が上昇するとの見通しを示した。江西銅業(600362 CH)は8.4%高と、商品銘柄の値上がりをけん引した。

  珩生鴻鼎資産管理の戴明ファンドマネジャー(上海在勤)は「景気回復に向けた『蜜月期』だ。きょうの貿易統計を含め一部の指標に改善が見受けられ、短期的には経済は確実に回復するだろう」と指摘した。

  香港市場ではハンセン中国企業株(H株)指数が4%高と、2カ月ぶりの大幅な上げで終了。ハンセン指数は3.2%高。6営業日続伸と、ここ1年で最も長い値上がり局面となった。

原題:China’s Stocks Rise to Three-Month High as Exports Rebound(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE