損保ジャパン:マレーシア銀で保険販売、権利獲得で合意間近-関係者

損保ジャパン日本興亜ホールディングスがマレーシアの銀行2位、CIMBグループ・ホールディングスの支店網を通じて損害保険商品をアジア全域で販売する権利を取得する方向で合意に近づいている。事情に詳しい関係者が明らかにした。

  関係者が匿名を条件に述べたところによると、損保ジャパンは、CIMBに約2億ドル(約220億円)を支払う可能性がある。この銀行での保険販売契約の期間は10年超。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE