中国:3月の輸出、1年ぶり大幅増加-経済の安定化示す

更新日時
  • ドル建て輸出は前年同月比11.5%増-輸入は7.6%減
  • 輸入は1年5カ月連続で前年同月を下回る

中国の輸出は3月に1年ぶりの大幅増加となったほか、輸入の減少幅は縮小し、中国経済の安定化があらためて示された。中国株は上昇した。

  税関総署が13日発表した3月のドル建て貿易統計によれば、輸出は前年同月比11.5%増加。2月は25%減少だった。輸入は同7.6%減と、1年5カ月連続の前年割れ。予想は10.1%減だった。この結果、貿易黒字は299億ドル(約3兆2500億円)と、1年ぶりの低水準に縮小した。

  輸出の増加は1ー3月(第1四半期)の中国経済が予想よりも好調であることを示唆しているもようだ。15日発表の1-3月国内総生産(GDP)は6.7%増と見込まれている。ナティクシスの大中華圏担当シニアエコノミスト、アイリス・パン氏(香港在勤)は輸入増加について、季節的要因以外の理由を示唆しており、需要の回復を示している可能性があるとの見方を示した。

  パン氏は「これは本当にかなり明るい材料だ」とした上で、中国輸出企業にとって最悪期が過ぎたと結論付けるのは時期尚早だと指摘。「製造業全体が再び軌道に乗っていると確認するためには、さらに証拠が必要だ」と述べた。

  中国株は上昇し、このままいけば3カ月ぶりの高値となる。 上海総合指数は現地時間午前11時40分(日本時間午後0時40分)現在、前日比2.1%高。香港や東京などの株式相場も上げている。

  人民元建てでは、3月の輸出は前年同月比18.7%増加。輸入は同1.7%減少した。 

原題:China’s Exports Jump Most in a Year, Boosting Growth Outlook (1)(抜粋)

(ドル建ての数字やコメントなどを追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE