中国の対米直接投資、15年は過去最高を更新-雇用増やす

中国から米国への直接投資が昨年、過去最高を更新した。米中関係全国委員会とロジウム・グループがまとめた報告書で分かった。

  報告書によれば、中国からの投資家は2015年に171の案件で150億ドル(約1兆6300億円)余りを米国に投じた。2000年以降の中国本土企業による対米直接投資を集計しているロジウムの「中国投資モニター」のデータを基にした。これらの案件は昨年、米国でフルタイム雇用1万3000人の増加に寄与し、過去15年間での増加総数は9万人を超えた。

原題:Chinese Investment in U.S. Rises to Record, Boosting Jobs (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE