4月13日の海外株式・債券・為替・商品市場

更新日時

欧米市場の株式、債券、為替、商品相場は次 の通り。

◎NY外為:ドル上昇、売り過ぎ感から買い-弱い米経済統計響かず

13日のニューヨーク外国為替市場ではドルが上昇。ドル指数は3週 間ぶりの大幅高となった。年内の利上げの可能性をめぐり経済指標に注 目が集まっている。

3月の米小売売上高や生産者物価指数(PPI)が予想外にマイナ スになり、消費者需要やインフレの強さに疑問符が付いたものの、ドル 指数は9カ月ぶりの低水準から戻した。ドルは年初来で円に対して9% 超下げている。

米金融当局が引き締めに動く中、他の中央銀行はマイナス金利の導 入や債券購入の拡大を実施したため、ドルは過去2年間では上昇してい る。今年に入ってからは米国の利上げ見通しが後退し、ドル建て資産の 魅力が弱まったため、下落基調にある。

BNPパリバの通貨ストラテジスト、バシーリ・セレブリアコフ氏 (ニューヨーク在勤)は「ドルは緩やかにリバウンドしているが、弱い 経済指標を背景に予想よりも早く揺らぎ始めている」と指摘。「ドル安 の修正場面を完全にあきらめたわけではないが、この日の数字は支援材 料ではない」と述べた。

ニューヨーク時間午後5時現在、主要10通貨に対するドルの動きを 示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は前日比0.6%上昇。ドルは 対ユーロで1%高の1ユーロ=1.1274ドル、対円では0.7%高い1ドル =109円34銭。

ドルは主要16通貨の大半に対して上昇。3月の小売売上高が前月 比0.3%減少したものの、最近のドル売りは行き過ぎだったとの見方か ら買いが入った。生産者物価は市場の予想外に前月比で低下し、2カ月 連続のマイナスとなった。

引き締めの適切なペースをめぐり、米金融当局者の間では意見が分 かれている。ダラス連銀総裁とフィラデルフィア連銀総裁は12日、世界 経済への向かい風を理由に慎重な対応を求めた。一方、リッチモンド連 銀とサンフランシスコ連銀の両総裁は利上げを支持した。連邦準備制度 理事会(FRB)のイエレン議長は世界の景気減速から米経済への影響 を考慮し、利上げには引き続き慎重になる姿勢を示唆している。

貿易データは中国経済の堅調を示唆し、世界経済見通しをめぐる不 安を食い止めた。中国の輸出は年初から6週間に金融市場を揺るがした 後、中国経済の減速が一部で予想されたほど深刻ではないことを示唆し た。

年初来のドル下落を受け、下げの行き過ぎを示唆する兆候が出てい る。ドルの相対力指数はほぼ4年ぶりの低水準にあり、下げ過ぎの可能 性を示している。

ラッセル・インベストメンツの通貨・債券戦略の責任者、バック・ ファンル ー氏は「ドルはかなり売られ過ぎており、現行水準から反発 する可能性があると考える。もっと大きな観点から言えば、ドルが新高 値を付けることはないだろう」と語った。

原題:Dollar Rises from 9-Month Low as U.S. Data Blur the Fed Outlook(抜粋)

◎米国株:上昇、4カ月ぶり高値-JPモルガンの決算を好感

13日の米国株は続伸、4カ月ぶり高値をつけた。中国の貿易統計が 良好だったほか、JPモルガン・チェースの決算が予想を上回ったこと が背景。

JPモルガンは4.2%高。1-3月(第1四半期)は報酬カットが 奏功した。トレーディング収入の落ち込みは大方のアナリストの見込み よりも小さかった。バンク・オブ・アメリカ(BofA)やウェルズ・ ファーゴ、シティグループはいずれも週内に決算を発表する予定。

S&P500種株価指数は前日比1%高の2082.42。昨年12月4日以来 の高値だった。ダウ工業株30種平均は187.03ドル(1.1%)高 の17908.28ドル。

テミス・トレーディングの株式トレーダー、マーク・ケプナー氏は 「米国のデータは若干弱かったが、海外での指標が強く中国の統計は予 想を大きく上回った」と述べ、「JPモルガンは厳しい四半期だった が、それでも予想を上回った。今後発表される企業決算が予想を上回っ たとしたら、たとえ予想をそれほど大きく上回らなくても米国株は上昇 する可能性がある」と続けた。

S&P500種採用企業の第1四半期決算は 10%減益が見込まれてい る。特に銀行では20%減益が予想されている。

中国の輸出は3月に1年ぶりの大幅増加となったほか、輸入の減少 幅は縮小し、中国経済の安定化があらためて示された。

S&P500種の銀行株指数の17銘柄はいずれも値上がりした。自動 車株も高い。オートバイメーカー、ハーレーダビッドソンは4.3%高。 3月のディーラー販売は温暖な天候が寄与し10%増となる可能性が高い と、UBSが指摘した。

自動車部品メーカー、デルファイ・オートモーティブも上昇。新た な自社株買いプログラムが発表されたほか、長く続いた米内国歳入庁 (IRS)との争いが決着したことが好感された。

鉄道貨物輸送を手掛けるCSXは上昇。四半期利益がアナリスト予 想並みだった。石炭や石油の貨物量が減少したものの、コスト削減で補 った。

原題:U.S. Stocks Climbs to 2016 High After JPMorgan Tops Estimates(抜粋)

◎米国債:小幅高、10年債入札に国外投資家から旺盛な需要

13日の米国債市場では10年債が4日ぶりに上昇。この日行われ た200億ドル相当の入札で最高落札利回りが予想を下回った。

10年債入札結果によると、最高落札利回りは1.765%。ブルームバ ーグがまとめた予想の1.780%に届かなかった。米連邦公開市場委員会 (FOMC)は追加利上げのタイミングを計ろうとしている一方、欧州 中央銀行(ECB)と日本銀行の刺激策拡大で国外の国債利回りは押し 下げられている。

ソシエテ・ジェネラルの米金利戦略責任者、スバドラ・ラジャパ氏 (ニューヨーク在勤)は「かなり好調な入札だった」と指摘。「国債は 国外からの需要に動かされる部分がずいぶん大きくなっている。ドイツ や日本の国債との比較では、米国の10年債の魅力はかなり高い。これが 相場を動かしている」と述べた。

米利上げペースが緩まるとの見方にトレーダーが傾く中、10年債利 回りは先週、2カ月ぶりの低水準を付けた。3月のFOMCは世界経済 のリスクを指摘して利上げを見送り、今年の利上げ回数予想を引き下げ た。シティグループの米経済サプライズ指数は米経済成長を示す指標が なおエコノミスト予想を下回っていることを示唆している。

ブルームバーグ・ボンド・トレーダーのデータによると、ニューヨ ーク時間午後5時現在の10年債利回りは1ベーシスポイント(bp、1 bp=0.01%)下げて1.76%。同年債(表面利率1.625%、2026年2月 償還)の価格は3/32上げて98 3/4。利回りは前日に5bp上昇し、3 月11日以来で最大の上げとなる場面もあった。

10年債入札では海外の中央銀行や投資信託を含む間接入札者の落札 全体に占める割合が60%に達し、3月の前回入札時の56.5%から上昇。 米財務省は14日に30年債120億ドル相当の入札を実施する。12日には3 年債(240億ドル)の入札があった。

この日発表の経済統計では、3月の生産者物価指数(PPI)と小 売売上高がいずれも予想外のマイナスとなった。14日には3月の消費者 物価指数(CPI)が発表される。ブルームバーグがまとめたエコノミ スト調査では、前年同月比でのCPIは1.1%の上昇が予想されてい る。

米連邦準備制度理事会(FRB)が地区連銀経済方向(ベージュブ ック)を発表した後も、米国債は堅調を持続した。同報告には「大半の 地区が緩慢あるいは緩やかなペースの成長を報告し、今後もそのペース で成長が続くと予想した」と記された。

ジェフリーズ・グループの国債エコノミスト、トーマス・サイモン ズ氏はベージュブックを「かなり明るい内容」だと評価した上で、「市 場では国外情勢の相対的な重みを理由に、早期の利上げはないかもしれ ないとの見方がある」と述べた。

先物市場が織り込む年内の利上げ確率は約51%。この算出は次回利 上げ後の実効フェデラルファンド(FF)金利が平均0.625%になると の仮定に基づく。

原題:Treasuries Gain as Global Investors Boost Demand at Note Auction(抜粋)

◎NY金:反落、3週間ぶり高値から下げる-ドルや株価の上昇で

13日のニューヨーク金先物相場は反落。約3週間ぶり高値から下げ た。世界的な株高やドルの値上がりを背景に、逃避先とされる金の需要 が減退した。

RJOフューチャーズ(シカゴ)のシニアマーケットストラテジス ト、フィル・ストライブル氏は電話インタビューで、「ドルの上昇と株 の強さは確実に金市場を圧迫するだろう」と述べた。

ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物6月限は前日比 1%安の1オンス=1248.30ドルで終了。5営業日ぶりの下落となっ た。

銀先物5月限は前日比0.6%高の1オンス=16.325ドル。ニューヨ ーク商業取引所(NYMEX)のプラチナも上昇。パラジウムは下落し た。

原題:Gold Drops From Three-Week High as Dollar, Global Equities Rally(抜粋)

◎NY原油:反落、ドーハ会合めぐり相反する臆測

13日のニューヨーク原油先物市場ではウェスト・テキサス・インタ ーミディエート(WTI)先物が反落。17日にドーハで開かれる産油国 会合にイランのザンギャネ石油相が出席するかどうかをめぐり、情報が 交錯した。米エネルギー情報局(EIA)の統計では、先週の米原油在 庫が約80年ぶりの水準に増加した一方、生産が日量900万バレルを割り 込んだことが明らかになった。

トータス・キャピタル・アドバイザーズ(カンザス州リーウッド) のマネジングディレクター兼ポートフォリオマネジャー、ブライアン・ ケッセンズ氏は「17日か18日に発表があるまで、相場は不安定な動きを 続ける」と予想。「産油能力の限界に近いペースで生産が続いているた め、ドーハ会合で結果が出ても象徴的なものにとどまるだろう」と述べ た。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物5月限は前日 比41セント(0.97%)安い1バレル=41.76ドルで終了。前日には昨 年11月25日以来の高値となる42.17ドルに急伸していた。ロンドン ICEのブレント6月限は51セント(1.1%)下げて44.18ドル。

原題:Oil Falls From 4-Month High as Speculation Swirls on Doha Talks(抜粋)

◎欧州株:1カ月ぶり大幅高-銀行株は2011年以来の大きな値上がり

13日の欧州株式相場は1カ月ぶり大幅高。銀行株が2011年10月以来 の大きな上げで、指標のストックス欧州600指数は4営業日続伸となっ た。中国経済が安定化しつつあるとの楽観が高まったことが背景にあ る。

資源銘柄も大きく上げた。中国の輸出が3月に1年ぶりの大幅増加 となったほか、輸入の減少幅は縮小した。鉱業株の多い英国株も上げ、 FTSE100指数は年初来の下げを解消してプラスとなった。1-3月 (第1四半期)に売りを浴びた銀行株はこの日、6.3%値上がりした。

指標のストックス欧州600指数は前日比2.5%高の343.06で終了。こ の日の上昇銘柄は500以上だった。

ルツェルン州立銀行(スイス)のトレーダー、ベンノ・ガリカー氏 は「投資家の意欲が戻りつつあるようだ」とし、「中国の良い経済デー タが資源セクターを良く支えている。イタリアの問題が解決に近づきつ つあることも相場上昇を多少後押しした」と語った。

FTSE100指数は1.9%上昇。アングロ・アメリカンとリオ・ティ ント、BHPビリトンが大きく上げた。住宅建設会社のバークレー・グ ループ・ホールディングスは2.7%上昇。

イタリアのFTSE・MIB指数は4.1%高と、西欧の主要株価指 数の中で上昇率が首位。モンテ・デイ・パスキ・ディ・シエナとポポラ ーレ・デレミリア・ロマーニャ、ウニクレディトはいずれも10%強の大 きな上げを演じた。同国政府が今年に入ってから売りを浴びていた国内 銀の支援策を打ち出したことが買いにつながった。

原題:Biggest Surge in Banks Since 2011 Sends Europe Shares Up 4th Day(抜粋)

◎欧州債:スペイン国債中心に上昇-景気見通しで需要高まる

13日の欧州債市場ではスペインなどの高利回り国債を中心に上昇し た。投資家の関心が芳しくない景気に戻ったほか、欧州中央銀行 (ECB)の国債購入が支援材料となった。

フランスなど中核国の長期債発行で下げ基調となっていた国債相場 は上昇に転じた。スペイン10年債のドイツ国債に対する利回り上乗せ幅 (スプレッド)は縮小。域内全体の株高で高リスク、低格付けの国債に 対する需要が高まり、ポルトガル10年債利回りは6週間ぶりの大きな下 げとなった。

RIAキャピタル・マーケッツの債券ストラテジスト、ニック・ス タメンコビッチ氏(エディンバラ在勤)は「この日がリスクオンの環境 だったのは明らかで、周辺国債が恩恵を受けた」とし、「ECBの買い 入れ額拡大見通しも支援要因だった。だが、政治的不透明感が根強いた め周辺国の間でも区別する必要がある。個人的に現時点ではポルトガル とスペインに対して明らかに慎重だ」と語った。

ロンドン時間午後4時46分現在、スペイン10年債利回りは前日比8 ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の1.47%。同国債(表 面利率1.95%、2026年4月償還)価格は0.735上げ104.50。同年限のイ タリア国債利回りも8bp下げて1.30%、ポルトガル国債利回りは20b p低下し3.24%となった。

欧州債の指標とされるドイツ10年債利回りは3bp下げ0.13%。

ブルームバーグがまとめたエコノミスト調査では、14日発表の3月 のユーロ圏インフレ率はマイナスとなったことをあらためて示すと見込 まれている。ECBが緩和政策を継続する根拠を強めそうだ。

原題:Spanish Bonds Lead Euro-Area Gains With Portugal as Auctions End(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE