4月12日の海外株式・債券・為替・商品市場

更新日時

欧米市場の株式、債券、為替、商品相場は次 の通り。

◎NY外為:ドルは対円で上昇、下げ過ぎ警戒で7日連続安から反発

12日のニューヨーク外国為替市場ではドルが対円で上昇し、7日連 続安から抜け出した。これまでの円上昇ペースを不安に思ったトレーダ ーらは、日米両経済の比較に注目している。

ドルはモメンタムの目安である指標が下げ過ぎの可能性を示唆し、 対円で1年半ぶりの安値から持ち直した。円は全面安の展開。麻生太郎 財務相は12日、一方的な偏った投機的な動きがあれば必要な措置を取る と話した。

ドルは年初から対円で10%下落。連邦公開市場委員会(FOMC) が世界経済に対する懸念を指摘し、利上げ回数の予測を引き下げたこと が背景にある。フィラデルフィア連銀のハーカー総裁とダラス連銀のカ プラン総裁はこの日、政策引き締めでゆっくりとしたアプローチを支持 するイエレン米連邦準備制度理事会(FRB)議長と同様の認識を示し た。国際通貨基金(IMF)は2016年の世界経済の成長率を下方修正。 米国は2%、日本は0.6%成長と予想されている。

野村インターナショナル(ロンドン)のシニアエコノミスト、チャ ールズ・サンタルノー氏はドルの動きについて、「これまでの軟調を経 て値固めに入ったのだろう」と分析。「すでにかなり低い水準を付け た。日本からは引き続き、いつか介入に踏み切る可能性はまだあるとの 話が聞こえ、今よりもドルが対円で高い状況の方が好ましいことを、市 場に思い起こさせた」と述べた。

ニューヨーク時間午後5時現在、ドルは対円で0.6%高い1ドル =108円54銭。前日には107円63銭まで下げ、2014年10月以来の安値をつ けた。前日までの円7日続伸は2012年9月以来の最長。

ドルの相対力指数(14日ベース)は11日に24を付け、下げ過ぎの可 能性を示唆する30を下回っていた。この水準を割り込むと方向を転じる とみられている。

中国経済の成長減速が世界の金融市場に影響を及ぼし続けるなか、 安全性を求めてこのところ円に資金が流れていた。IMFは2016年の世 界成長率予想を3.2%と、1月時点の予想(3.4%)から引き下げた。米 国の見通しは輸出不振や投資鈍化で曇り、日本の成長は消費税率引き上 げで弱まる一方、原油や小麦などの商品の値下がりが引き続き一次産品 生産国の足かせとなるとIMFは分析した。

クレディ・アグリコルのG10通貨戦略責任者、バレンティン・マリ ノフ氏(ロンドン在勤)は円が過小評価されているとの見方はもはや通 用せず、市場はこれ以上円を買い進めることには慎重になっていると指 摘、「円は市場の多くが適正水準と見なすレベルに近づいた」と述べ た。

原題:Dollar Ends 7-Day Losing Run Versus Yen as Selloff Seen Overdone(抜粋)

◎米国株:上昇、原油高でエネルギー株に買い-企業決算は振るわず

12日の米国株式相場は1週間ぶり高値に上昇。第1四半期決算は芳 しくないスタートとなったが、原油価格がバレル当たり42ドル台に乗せ たことが好感された。

エネルギー株は上昇。ニューヨーク原油先物市場ではウェスト・テ キサス・インターミディエート(WTI)先物が約4カ月ぶり高値に上 昇した。産油量据え置きをめぐりサウジアラビアとロシアが合意しそう だとの見方が背景。チェサピーク・エナジーは上場来最大の値上がり。 一方、アルコアは下落。アルミ需要見通しを下方修正した。ジュニパ ー・ネットワークスも安い。売上高が予想を下回った。

S&P500種株価指数は前日比1%高の2061.72。ダウ工業株30種平 均は164.84ドル(0.9%)高の17721.25ドル。

ガイドストーン・キャピタル・マネジメントのグローバル投資スト ラテジスト、デービッド・スピカ氏は「原油価格がセンチメントを動か している」と述べ、「よりハト派的な金融政策当局や継続的な原油価格 の上昇、さらにドル軟調といった株式にとって明るいセンチメントが続 いている」と述べた。

今年の第1四半期決算は金融危機以来で最も厳しいと予想されてお り、アナリストの間では第1四半期利益は10%減が見込まれている。特 に銀行では20%減益が予想されている。

スピカ氏は「力強い増収がない。それがアルコアの決算で示され た」と語り、「特に賃金上昇圧力があるため、力強い増収を見ない限 り、株価上昇を裏付けるのは困難だ」と続けた。

シカゴ・オプション取引所(CBOE)のボラティリティ指数 (VIX)は7.9%低下して14.97と、1週間ぶりの低水準だった。

S&P500種産業別10指数はいずれも上昇。この日は特に金融株が 良好だった。JPモルガン・チェースやシティグループなどは今週決算 を発表する。

原題:U.S. Stocks Rise as Crude Rally Boosts Energy, Offsets Earnings(抜粋)

◎米国債:下落、世界的な低金利で米長期債に妙味とブラックロック

世界的に低金利やマイナス金利となり投資家が中長期債の購入を余 儀なくされる状況では、他の先進国の国債利回りを上回る米国債利回り が一層妙味を増すと、米ブラックロックが指摘した。

12日の米国債市場では30年債利回りは前日比4ベーシスポイント (bp、1bp=0.01%)上昇の2.60%。一方でドイツ30年債利回り は0.87%、日本の30年債利回りは0.40%だ。事情に詳しい関係者によれ ば、フランスは低水準にある長期の借り入れ金利を活用すべく銀行団を 通じて50年債を発行する計画。

ブラックロックの債券担当チーフ投資ストラテジスト、ジェフリ ー・ローゼンバーグ氏は「欧州よりもずっと高い利回りが得られること から期間が長めの米国債を選好している」と説明。「世界的に見た場合 に、米国の長期金利の妙味はずっと高まる」と続けた。

世界の経済成長が減速し、インフレも沈滞した状況が続くとの懸念 から、利回りは世界的に大きく低下している。国際通貨基金(IMF) は12日、世界の成長率予想を下方修正し、世界経済が停滞期に陥るリス クが高まっていると警告した。

この日の米国債相場は3日続落。原油価格が4カ月ぶり高値に上昇 したことが手掛かり。ブルームバーグ・ボンド・トレーダーのデータに よれば、ニューヨーク時間午後5時現在、10年債利回りは前日比5bp 上昇の1.78%。同年債(表面利率1.625%、2026年2月償還)価格 は14/32下げて98 21/32。

ドイツ10年債利回りは5bp上昇の0.17%、英10年債利回りは5b p上げて1.44%。

IMFはこの日公表した最新の世界経済見通し(WEO)で、16年 の世界成長率予想を3.2%と、1月時点の予想(3.4%)から引き下げ た。米国についても2.4%と、従来の2.6%から下方修正した。

フィラデルフィア連銀のハーカー総裁とダラス連銀のカプラン総裁 は12日、政策引き締めでゆっくりとしたアプローチを支持するイエレン 米連邦準備制度理事会(FRB)議長やニューヨーク連銀のダドリー総 裁、シカゴ連銀のエバンス総裁と同様の認識を示した。

米連邦公開市場委員会(FOMC)は3月の会合で政策金利を据え 置いた上で、年内の利上げ回数の予想を従来の4回から2回に引き下げ た。

先物市場が織り込む年内の利上げ確率は約51%と、1カ月前の77% から低下。この算出は次回利上げ後の実効フェデラルファンド(FF) 金利が平均0.625%になるとの仮定に基づく。

米財務省がこの日実施した3年債入札(発行額240億ドル)では最 高落札利回りは0.89%だった。13日には10年債入札(同200億ド ル)、14日には30年債入札(同120億ドル)が実施される。

原題:BlackRock Says Long-Term Treasuries Entice Amid Low Global Rates(抜粋)

◎NY金:続伸-銀はETP通じた保有量増加で5カ月ぶり高値

2日のニューヨークの貴金属市場では銀先物が上昇し、約5カ月ぶ りの高値をつけた。銀連動型上場取引型金融商品(ETP)を通じた銀 保有量は2014年12月以来の高水準となった。この日は金先物相場も続 伸。

ダニエル・ブリーゼマン氏らコメルツ銀行のアナリストはリポート で「銀価格が中期的に金価格に追いつく一層の可能性を見込んでいる」 と指摘した。

ニューヨーク商品取引所(COMEX)の銀先物5月限は前日 比1.5%高の1オンス=16.222ドルで終了。一時は16.23ドルと、中心限 月としては昨年10月28日以来の高値をつけた。

金先物6月限は前日比0.2%上昇の1オンス=1260.90ドル。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のプラチナも値上がり。パ ラジウムは下落した。

原題:Silver Climbs to Five-Month High as Investors Pile Into ETFs(抜粋)

◎NY原油:大幅続伸、4カ月ぶり高値-露・サウジ合意観測で

12日のニューヨーク原油先物市場ではウェスト・テキサス・インタ ーミディエート(WTI)先物が大幅続伸。産油量据え置きをめぐりサ ウジアラビアとロシアが合意しそうだとの見方から、約4カ月ぶり高値 に上昇した。ロシア大統領府のペスコフ報道官はドーハ会合について、 イランの姿勢にかかわらず、合意が成立する「希望はある」と述べた。

ソシエテ・ジェネラル(ニューヨーク)の石油市場調査責任者、マ イク・ウィットナー氏(ニューヨーク在勤)は「市場は合意達成の方向 にはっきりと舵を切ったようだ」と指摘。「水面下で交渉が進んでお り、情報は断片的に伝わってくる。こうした細切れのニュースに基づい てトレードが行われている」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物5月限は前日 比1.81ドル(4.48%)高い1バレル=42.17ドルで終了。終値ベースで 昨年11月25日以来の高値。ロンドンICEのブレント6月限は1.86ドル (4.3%)上げて44.69ドル。

原題:Oil Surges to Four-Month High as Russians, Saudis Seen Agreeing(抜粋)

◎欧州株:3日続伸、鉱業や石油・ガスに買い-企業決算に注目

12日の欧州株式市場では指標のストックス欧州600指数が3営業日 続伸した。荒い値動きの中、鉱業株と石油・ガス銘柄の上げが目立っ た。ユーロ圏企業の健全さを見極めようと、業績に注目する動きが広が った。

英アングロ・アメリカンが9.2%高となるなど、鉱業株の上昇率は 業種別19指数の中で首位。金属価格の上昇に加え、ダイヤモンド子会社 のデビアスが増収見通しを示したことなどが買い材料となった。原油高 を背景に石油・ガス銘柄も値上がり。仏高級品メーカーのLVMHモエ ヘネシー・ルイヴィトンは1.5%上げた。売上高が予想を下回ったこと から売られたものの、上げに転じて引けた。

ストックス600指数は0.5%高の334.64で取引を終了した。朝方に付 けた0.7%安から切り返し、0.6%高となる場面もあった。

ランプ・アセット・マネジメント(デュッセルドルフ)で株式投資 を担当するファンドマネジャーのミヒャエル・ボイシュネック氏は「投 資家は混乱しており、方向感がわからない状態だ」とし、「企業業績は 市場予想の範囲内だろうが、今後の見通しは市場が考えていないほど控 えめだろう」と語った。

11日のアルコアで米企業決算シーズンが幕を開け、投資家の関心は 企業業績に移行しつつある。今年の世界アルミ需要見通しを引き下げた アルコアは値下がりした。欧州では今週、テスコやソデクソ、カジノ・ ギシャール・ペラションが決算を発表する。アナリスト調査では、スト ックス600指数の構成銘柄の16年利益は2.8%減少が見込まれている。

原題:European Shares Climb as Miners Gain, Investors Assess Earnings(抜粋)

◎欧州債:長期債下落、利回り曲線スティープ化-フランスが50年債発行

12日の欧州債市場ではユーロ参加国の長期債が下落。フランスが銀 行団を通じて50年債を発行したことが背景にある。

フランス30年物国債の10年物に対する利回り上乗せ幅(スプレッ ド)は1カ月ぶりの大きさに膨らんだ。昨年12月以降で最長の下げとな ったドイツ30年債の10年債に対するスプレッドも3月24日以降では最大 になるなど、域内全体で同様のトレンドが見られた。2047年1月償還債 の入札が行われたオランダでは、既発の30年債の利回りが約2週間ぶり の高水準に達した。

欧州中央銀行(ECB)の緩和拡大で短期債利回りが押し下げら れ、少しでも高い利回りを追求する投資家によって長期債のパフォーマ ンスはこのところ好調だったが、この流れを大量の国債発行が妨げた。 ドイツ2年債は満期まで保有しても利回りがマイナスで受け取り額が購 入価格を下回ってしまうが、ドイツ30年債の利回りはプラス0.85%を上 回っている。

ノルデア銀行のチーフストラテジスト、ヤン・フォンゲリッヒ氏は 「新規発行が相場を動かし続ける」とし、「ユーロ圏の利回り曲線は明 らかにスティープ化している。同様の規模での動きは少なくとも米国債 には見られないので、供給が左右していることを強く示唆している」と 語った。

ロンドン時間午後4時14分現在、フランス30年債利回りは前日比8 ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の1.49%。前日までの 2営業日で9bp上げていた。同国債(表面利率3.25%、2045年5月償 還)価格はこの日、2.355下げ141.275。2060年4月償還債の利回りは10 bp上げ1.73%と、昨年12月29日以来の大幅上昇となった。

フランス30年債の10年債に対するスプレッドは3bp拡大の97b p。一時は3月11日以降で最大の98bpに膨らんだ。今月5日時点は85 bpと、昨年6月以来の小ささだった。

事情に詳しい関係者によれば、フランスは銀行団を通じて2066年5 月償還債を30億ユーロ、2036年5月償還債を60億ユーロそれぞれ発行し た。

原題:Euro-Area Bond Yield Curves Steepen as France Sells 50-Year Debt(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE