NY金:続伸-銀はETP通じた保有量増加で5カ月ぶり高値

12日のニューヨークの貴金属市場では銀先物が上昇し、約5カ月ぶりの高値をつけた。銀連動型上場取引型金融商品(ETP)を通じた銀保有量は2014年12月以来の高水準となった。この日は金先物相場も続伸。

  ダニエル・ブリーゼマン氏らコメルツ銀行のアナリストはリポートで「銀価格が中期的に金価格に追いつく一層の可能性を見込んでいる」と指摘した。

  ニューヨーク商品取引所(COMEX)の銀先物5月限は前日比1.5%高の1オンス=16.222ドルで終了。一時は16.23ドルと、中心限月としては昨年10月28日以来の高値をつけた。

  金先物6月限は前日比0.2%上昇の1オンス=1260.90ドル。

  ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のプラチナも値上がり。パラジウムは下落した。

原題:Silver Climbs to Five-Month High as Investors Pile Into ETFs(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE