元RBSバンカーに業界追放処分ーLIBOR申告「ちょっとだけ」上げ

英銀ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド・グループ(RBS)を退職する前にロンドン銀行間取引金利(LIBOR)設定のための金利申告を担当していたポール・ホワイト氏に、英国内の金融業界で働くことを禁じる処分が下った。英金融行動監視機構 (FCA)がLIBOR操作スキャンダルに関連し業界追放処分を下したのは、これで4人目となった。

  12日のFCA発表によると、ホワイト氏は2007-10年の間にRBS行内のトレーダーから申告金利の操作を依頼するメッセージを68件受け取っていた。このうちの一件に対して同氏は、「やってみよう。ちょっとだけなら上げられるかもしれない」と返信していた。

  ホワイト氏の代理人を務める法律事務所ビボナス・ローはコメントを控えた。

原題:FCA Bans Ex-RBS Banker Who Moved Libor Submission ‘Up a Pip’ (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE