12日のインド株式相場は上昇。指標のS&P・BSEセンセックスは続伸した。モンスーン期の雨量が平年を上回るとの予報でインフレ懸念が和らぎ、企業業績の見通しが改善したことが背景にある。

  かんがい設備を手掛けるジェイン・イリゲーションとEPCインダストリーの上げが目立った。二輪車メーカーのヒーロー・モトコープとバジャジ・オートも買われ、インド最大の乗用車メーカーであるマルチ・スズキ・インディアは1週間ぶり高値を付けた。

  センセックスは前日比0.5%の25145.59で終了。前日は1.4%値上がりした。気象当局はこの日、今年のモンスーン期の雨量が2013年以降初めて平年を上回るとの予報を明らかにした。過去2年は雨不足で農村部の需要が落ち込み、直近5四半期のうち4四半期で指数構成企業は減益に沈んだ。

 
原題:Indian Stocks Advance as Automakers Rally on Monsoon Forecast(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE