中国の錦江国際、クラブメッドの仏アコーへの追加出資を検討-関係者

中国の錦江国際(集団)はクラブメッドを運営するフランスのホテル会社アコーへの追加出資を検討している。事情に詳しい関係者が明らかにした。

  錦江国際は既にアコー株約12%を持つ筆頭株主だが、持ち株比率を20%程度に引き上げる可能性があると関係者らが匿名を条件に述べた。アコーの経営に関する発言権を高めたい考えだという。

  ブルームバーグのデータによれば、追加の8%の取得価額はアコーの現在の株価に基づくと約7億1900万ユーロ(約890億円)。アコー側もアドバイザーを起用したと関係者が説明した。

  アコーの広報担当者はコメントを控えた。錦江国際の担当者にコメントを求め12日に何度か電話したが応答はなかった。

原題:China Hotelier Jin Jiang Said to Weigh Boosting Accor Stake (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE