中国株:反落、李首相が国内経済の下振れ圧力を指摘-工業株安い

更新日時
  • 市場はさらに指標を見て景気回復を確認する必要-精熙投資管理
  • 香港市場ではH株が0.4%高-ハンセン指数は0.3%高

12日の中国株式相場は反落。工業株を中心に売られた。李克強首相が中国経済の下振れ圧力を指摘した。

  上海総合指数は前日比0.3%安の3023.65で終了。重機メーカーの中信重工機械(601608 CH)が工業株の下げを主導した。証券会社の申万宏源集団(000166 CH)も安い。1ー3月(第1四半期)の純利益がほぼ半減したことを明らかにした。CSI300指数は0.4%安で引けた。

  中国の実体経済は多数の困難に直面しており、妥当な範囲内の経済成長を確実にするため供給サイドの構造改革を促すと李首相が述べたと中国中央テレビ局(CCTV)が報じた。上海株は前日、3月の生産者物価指数(PPI)が前月比で2013年以来の上昇に転じたことを受け、今月に入って最大の上げを記録していた。

  精熙投資管理の王征最高投資責任者(CIO、上海在勤)は「市場は景気回復の持続可能性に疑問を抱いており、さらに指標を見てそのトレンドを確認する必要がある」と指摘。「特に相場は前日そこそこ上昇したため、投資家は株式を買ってさらに株価を押し上げることに非常に慎重になっている」と述べた。

  香港市場ではハンセン中国企業株(H株)指数が0.4%高で終了。ハンセン指数は0.3%高と、5営業日続伸。ここ1年で最も長い値上がり局面となった。

原題:Chinese Stocks Decline as Premier Li Flags Pressures on Economy(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE