米デル傘下のセキュアワークス、最大170億円規模のIPO目指す

米デルのサイバーセキュリティー子会社セキュアワークスは新規株式公開(IPO)で最大1億5750万ドル(約170億円)集めることを目指している。

  最新の目論見書によると、新株900万株を発行する計画でIPO価格は1株当たり15.50-17.50ドルを見込む。調達資金は運転資本のほか、新たな技術の開発や買収などの目的に充てるという。親会社のデルは昨年、データストレージを手掛ける米EMCを約670億ドルで買収することで合意している。

  IPOはバンク・オブ・アメリカとモルガン・スタンレー、ゴールドマン・サックス・グループ、JPモルガン・チェースが中心に担当する。「SCWX」の銘柄コードでナスダック・グローバル・セレクト・マーケットに上場の予定。

原題:Dell’s SecureWorks Aims to Raise Up to $158M in Public Listing(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE