米ビジネスワイヤ、プレスリリース配信を再開-停電で一時停止

  • サービスを完全に再開しているとデレオCOO
  • サービス停止はニュース配信が活発な時間帯に起きた

米資産家ウォーレン・バフェット氏率いる投資・保険会社バークシャー・ハサウェイの子会社でプレスリリース配信業務を手掛ける米ビジネスワイヤは11日遅く、リリースの配信を再開した。一時は停電のためコンテンツ配信を停止していた。

  ビジネスワイヤは「完全に稼働を再開している」と、リチャード・デレオ最高執行責任者(COO)が電子メールの声明で明らかにした。12日にさらに情報を提供するとしている。再開前の声明では「第三者のコロケーション施設」での停電がサービス停止につながったと説明していた。

  サービス停止は米株市場の取引終了直後の数分間を含む、1日のうちでニュース配信が最も活発な時間帯の一つに起きた。多くの米主要企業が四半期決算や人事異動などのプレスリリース配信でビジネスワイヤに依存している。同社は先週4日、ニューヨーク時間午後3時半から5時までに80本余りのプレスリリースを配信した。

原題:Buffett’s Business Wire Resumes Statements After Power Failure(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE