円高、実は日本経済に朗報か-特に高齢者には恩恵、生活水準改善も

円は今年、G10通貨で最高のパフォーマンスを記録している。円高は日本が押し上げに取り組む輸出とインフレ率を脅かし、アベノミクスの心臓を狙う弓矢となりかねない。

  こんな円高が実は日本に恩恵をもたらし得ると語るのは、UBSインベストメント・バンクのグローバルエコノミスト、ポール・ドノバン氏だ。同氏は、高齢化が進む日本にとって円上昇にはメリットがあると指摘。高齢者層は輸入されることが多いエネルギーや食品、医薬品などに生活費の大部分を使う傾向があり、円の上昇で割高感が低減すると説明した。

  ドノバン氏はブルームバーグのテレビインタビューで、円高により「実は、高齢者は生活水準が改善し、支出を少し増やすかもしれない」と指摘。「円上昇でもっと前向きな経済議論を組み立てることができる」と付け加えた。

Japany STuff

Source: Bloomberg

  
  円高で高齢者層を中心に購買力を向上させる効果が、輸出業者や設備投資、手取り収入への悪影響に勝るかどうかは、しばらくの間は分からないままだろう。それでも円上昇に伴う明るい兆候として留意することは興味深い。

原題:Actually, the Surging Yen Could Be a Good Thing for Japan’s Economy(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE