4月12日の欧州マーケットサマリー:株3日続伸、長期債下落

更新日時

欧州の為替・株式・債券・商品相場は次の 通り。(表はロンドン午後6時現在)

為替         スポット価格 前営業日
ユーロ/ドル        1.1374   1.1408
ドル/円            108.77   107.94
ユーロ/円          123.72   123.13


株              終値   前営業日比 変化率
ダウ欧州株600  334.64     +1.77     +.5%
英FT100     6,242.39   +42.27     +.7%
独DAX      9,761.47   +78.48     +.8%
仏CAC40    4,345.91   +33.28     +.8%


債券          直近利回り 前営業日比
独国債2年物      .51%        +.01
独国債10年物     .17%        +.05
英国債10年物     1.44%       +.05


商品                  直近値   前営業日比 変化率
金   現物午後値決め  1,254.60     -.15     -.01%
原油 北海ブレント         44.37     +1.54    +3.60%

◎欧州株:3日続伸、鉱業や石油・ガスに買い-企業決算に注目

12日の欧州株式市場では指標のストックス欧州600指数が3営業日 続伸した。荒い値動きの中、鉱業株と石油・ガス銘柄の上げが目立っ た。ユーロ圏企業の健全さを見極めようと、業績に注目する動きが広が った。

英アングロ・アメリカンが9.2%高となるなど、鉱業株の上昇率は 業種別19指数の中で首位。金属価格の上昇に加え、ダイヤモンド子会社 のデビアスが増収見通しを示したことなどが買い材料となった。原油高 を背景に石油・ガス銘柄も値上がり。仏高級品メーカーのLVMHモエ ヘネシー・ルイヴィトンは1.5%上げた。売上高が予想を下回ったこと から売られたものの、上げに転じて引けた。

ストックス600指数は0.5%高の334.64で取引を終了した。朝方に付 けた0.7%安から切り返し、0.6%高となる場面もあった。

ランプ・アセット・マネジメント(デュッセルドルフ)で株式投資 を担当するファンドマネジャーのミヒャエル・ボイシュネック氏は「投 資家は混乱しており、方向感がわからない状態だ」とし、「企業業績は 市場予想の範囲内だろうが、今後の見通しは市場が考えていないほど控 えめだろう」と語った。

11日のアルコアで米企業決算シーズンが幕を開け、投資家の関心は 企業業績に移行しつつある。今年の世界アルミ需要見通しを引き下げた アルコアは値下がりした。欧州では今週、テスコやソデクソ、カジノ・ ギシャール・ペラションが決算を発表する。アナリスト調査では、スト ックス600指数の構成銘柄の16年利益は2.8%減少が見込まれている。

原題:European Shares Climb as Miners Gain, Investors Assess Earnings(抜粋)

◎欧州債:長期債下落、利回り曲線スティープ化-フランスが50年債発行

12日の欧州債市場ではユーロ参加国の長期債が下落。フランスが銀 行団を通じて50年債を発行したことが背景にある。

フランス30年物国債の10年物に対する利回り上乗せ幅(スプレッ ド)は1カ月ぶりの大きさに膨らんだ。昨年12月以降で最長の下げとな ったドイツ30年債の10年債に対するスプレッドも3月24日以降では最大 になるなど、域内全体で同様のトレンドが見られた。2047年1月償還債 の入札が行われたオランダでは、既発の30年債の利回りが約2週間ぶり の高水準に達した。

欧州中央銀行(ECB)の緩和拡大で短期債利回りが押し下げら れ、少しでも高い利回りを追求する投資家によって長期債のパフォーマ ンスはこのところ好調だったが、この流れを大量の国債発行が妨げた。 ドイツ2年債は満期まで保有しても利回りがマイナスで受け取り額が購 入価格を下回ってしまうが、ドイツ30年債の利回りはプラス0.85%を上 回っている。

ノルデア銀行のチーフストラテジスト、ヤン・フォンゲリッヒ氏は 「新規発行が相場を動かし続ける」とし、「ユーロ圏の利回り曲線は明 らかにスティープ化している。同様の規模での動きは少なくとも米国債 には見られないので、供給が左右していることを強く示唆している」と 語った。

ロンドン時間午後4時14分現在、フランス30年債利回りは前日比8 ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の1.49%。前日までの 2営業日で9bp上げていた。同国債(表面利率3.25%、2045年5月償 還)価格はこの日、2.355下げ141.275。2060年4月償還債の利回りは10 bp上げ1.73%と、昨年12月29日以来の大幅上昇となった。

フランス30年債の10年債に対するスプレッドは3bp拡大の97b p。一時は3月11日以降で最大の98bpに膨らんだ。今月5日時点は85 bpと、昨年6月以来の小ささだった。

事情に詳しい関係者によれば、フランスは銀行団を通じて2066年5 月償還債を30億ユーロ、2036年5月償還債を60億ユーロそれぞれ発行し た。

原題:Euro-Area Bond Yield Curves Steepen as France Sells 50-Year Debt(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE