ECBと日銀はいずれ、銀行株購入に踏み切る可能性も-英マン社長

欧州中央銀行(ECB)と日本銀行は経済成長の促進を望むならば銀行株の購入を承認せざるを得なくなる可能性があると、英ヘッジファンド会社、マン・グループのルーク・エリス社長が述べた。

  同社長は11日のブルームバーグとのテレビインタビューで、「銀行をめぐる状況が経済の弱さを引き起こしており、経済の弱さが銀行の状況を作り出しているのではない」とし、「出発点は銀行が受けている圧力だ」と指摘した。

  ECBと日銀のマイナス金利政策は、非伝統的金融政策への過剰な傾斜だとの懸念を呼んでいる。日銀は今年1月にマイナス金利導入を発表した。

  エリス社長は両中銀について、「いずれ最終的に、銀行支援のために銀行株を購入することになるだろう」と述べ、マイナス金利は利益を圧迫し、日本の銀行に「ひどい」状況をもたらすと付け加えた。

原題:Man’s Ellis Says Central Banks May Buy Shares to Boost Lenders(抜粋)

(,.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE