米チェサピーク:ほぼ全ての資産を担保に-40億ドル信用枠維持で

更新日時

天然ガス生産の米チェサピーク・エナジーは、40億ドル(約4322億円)の信用枠へのアクセス維持のため、天然ガス田、不動産、デリバティブ契約のほぼ全てを担保として差し出した。同社はエネルギー価格下落に伴う低迷から脱するための取り組みを続けている。この日の米株式市場でチェサピーク株は、S&P500種株価指数で値上がり率トップとなった。

  チェサピークの11日の発表によると、同社は2019年に満期を迎える有担保リボルビング信用枠に関する銀行団との合意内容を修正。銀行団は、次の評価時期を2017年6月まで延期することに同意した。評価は通常2年に1回行われる。同日の規制当局への届け出によれば、査定延期の見返りとしてチェサピークは、「同社の石油・ガスの確認資産全体の90%を抵当に入れることも含め、実質上全ての資産」を担保として差し出した。

  ニューヨーク時間午前11時34分現在、チェサピーク株は前週末比13%高の4.24ドル。一時15%高となる場面もあった。日中の上昇率としてはS&P500種の構成銘柄中で最大。年初来では約6%安となっている。  

原題:Chesapeake Pledges Almost Entire Company as Debt Collateral (3)(抜粋)

(詳細や株価の動きを追加し、更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE