榊原元財務官:年末までに1ドル=100円を超える円高も

  • 円は数カ月内に1ドル=105円に達する公算-榊原元財務官
  • 介入には米国など諸国の同意が必要

「ミスター円」と呼ばれ通貨政策で手腕を発揮した元財務官の榊原英資・青山学院大学教授は11日、円が年内に1ドル=100円を超えて上昇する可能性があるとの考えを示した。同氏は1ドル=115円さらに110円を超えて円高が進むことを的確に予想した。

  榊原氏(75)はブルームバーグとのテレビインタビューで、数カ月内に1ドル=105円まで円高が進む可能性も指摘した。105円の水準は日本経済にとって「何ら問題ではない」とした上で、介入は米国および他の諸国との合意の上でのみ可能だとの考えを示した。

  円は今年、ドルに対して120円付近の円安から11日の107円63銭まで上昇し、市場を驚かせた。ロンドン時間午前9時48分現在は108円26銭。ブルームバーグ・ニュースがまとめた調査の中央値では年内に1ドル=118円まで円安が進むと予想されている。年初の予想中央値は125円だった。

  日本の当局者らは過去1週間に円高けん制発言を繰り返している。日本銀行の黒田東彦総裁は11日、市場は引き続き不安定だとし、経済・物価に与える影響について十分注視すると言明した。菅義偉官房長官もこれに先立ち、市場を注視し、場合によっては必要な措置を取る方針を示した。

原題:Mr. Yen Says Japan’s Currency May Rise Beyond 100 by Year-End(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE