中国のテクノロジー企業、計6500億円以上の資金調達へ-関係者

中国で配車アプリを展開する滴滴快的やアリババ・グループ・ホールディングの金融部門である浙江螞蟻小微金融服務集団、オンライン不動産サービスのホームリンクが合わせて60億ドル(約6500億円)以上の資金調達に近づいている。それぞれの資金調達計画に詳しい関係者が明らかにした。浙江螞蟻小微金融服務だけで35億ドル以上の調達を目指しているという。

  北京の調査会社ゼロ2IPOの姬利アナリストは、「中国のベンチャーキャピタル市場は二極化している。市場で資金が不足しているということはないが、投資家は良いプロジェクトがないと感じている。滴滴快的のような企業が非常に多額の資金を得つつあるのはそのためだ」と述べた。

  同アナリストは、中国ベンチャー企業の上位20%が資金調達全体の80%を得る可能性があると説明した。

原題:China’s $6 Billion Tech Funding Boom Signals Flight to Quality(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE