ウクライナ:大統領側近が新首相に就任も-ヤツェニュク首相辞任で

ウクライナのヤツェニュク首相が10日、辞任した。2年で最悪の政治危機に見舞われていた同国はこれで、新政権の下で国際社会からの金融支援再開を目指す。

  新首相には、ポロシェンコ大統領の側近であるグロイスマン最高会議議長が12日にも議会で承認される公算。ヤツェニュク氏は数週間にわたる圧力を受けて辞任したものの、自ら率いる政党は連立政権の一部にとどまると語っている。

  キエフ時間11日午前9時9分現在、通貨フリブナは前週末比0.3%高の1ドル=25.5429フリブナとなった。ウクライナ経済は1年半に及んだリセッション(景気後退)からの回復が始まったものの、フリブナは今年に入り10%余り下げていた。

原題:Ukrainian President’s Ally Set for Premier as Yatsenyuk Goes (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE