中国株:今月最大の上昇、商品株高い-工業需要に回復の兆し

更新日時
  • PPIは景気持ち直しのシグナルを発している-君康人寿保険
  • 香港市場ではH株が1.2%高-ハンセン指数は0.4%高

11日の中国株式相場は上昇。今月に入り最大の上げとなった。工業需要に持ち直しの兆しが示される中で、商品株や金融銘柄を中心に買われた。

  上海総合指数は前週末比1.6%高の3033.96で終了。素材株の指数は3カ月ぶりの高値で引けた。CSI300指数は1.4%高。

  中国国家統計局がこの日発表した3月の生産者物価指数(PPI)は前月比で0.5%上昇と、2013年9月以来のプラスとなった。3月の消費者物価指数(CPI)は前年同月比2.3%上昇と、上昇率は2月から変わらずだった。

  君康人寿保険の呉侃ファンドマネジャー(上海在勤)は、「PPIの数字は景気が持ち直しつつあるとのシグナルを発しているほか、CPIも過度に上昇が加速していないという限りでは許容範囲にある」と指摘した。

  鉄鋼を中心に素材銘柄が買われた。CSI300指数の業種別で素材株の指数が2.5%高と最大の上げ。武漢鋼鉄(600005 CH)と廈門鎢業(600549 CH)は共に値幅制限いっぱいの10%高。宝山鋼鉄(600019 CH)は6.4%値上がり。

  香港市場ではハンセン中国企業株(H株)指数が1.2%高で終了。ハンセン指数は0.4%高と、4営業日続伸。昨年12月以来最も長い値上がり局面となった。

原題:China’s Stocks Climb Most This Month as Commodity Shares Advance(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE