「こういったレートで買う人は日銀しかいない」、短国利回りの急低下

  • 新発3カ月物600回債は7日にマイナス0.50%と欧州利回りに接近
  • 3月末の償還資金を含めた再投資を海外投資家が600回債に集中

国庫短期証券の利回りが、マイナス金利で先行している欧州の利回りに接近した。市場関係者は、ベーシス・スワップを通じて円資金を割安に調達できる海外投資家の需要に加え、日本銀行の買い入れオペを見越した「日銀トレード」の需要が金利の低下を加速させたとみている。

  短期国債の新発3カ月物600回債は7日に利回りがマイナス0.50%と、スイスやドイツのマイナス0.6%近くまで買われた。日本相互証券によると、新発3カ月物の利回りとしては国庫短期証券の発行が始まった2009年2月以降の最低水準を記録した。翌日も同新発債は需給が引き締まった状態が続き、マイナス0.4%台半ばから後半で推移した。

  東短リサーチの寺田寿明研究員は、「こんな水準は記憶にない。600回債の入札では海外投資家のベーシススワップなどに絡んだ需要が大きかったとみられるが、入札後の利回り低下は水準的に強くなりすぎている」と指摘。投資家の実需がある水準からかけ離れているとして、「こういったレートで買う人は日銀しかいないが、日銀も過度の低下は抑制する姿勢を示している」と述べた。

  財務省が7日に実施した国庫短期証券(600回債)の入札では、落札の最高利回りがマイナス0.1082%と、直近の5日に行われた598回債の同利回りマイナス0.085%を下回った。応札倍率は5.09倍と昨年11月5日以来の高水準だった。

  取引を仲介する短資会社によると、598回債は償還日が米市場休日の7月4日に当たるため、3月末の償還資金を含めた再投資を海外投資家が600回債に集中させた可能性がある。財務省が発表した3月最終週の対内証券投資で短期債が3.8兆円の売り越しとなっていることが背景だ。

  東短リサーチの寺田氏によると、7日の入札後の急激な利回り低下は、在庫を確保できなかった証券会社の買いに日銀トレード向けの買いが重なった可能性がある。利回り差で応札される日銀の同買い入れオペでは、基準となる銘柄ごとの売買参考値が発行利回りに比べて低いほど日銀に落札されやすいためだと言う。

  日銀は8日に実施した短期国債の買い入れオペで、1社当たりの応札上限額を買入予定額の2分の1から4分の1に変更した。寺田氏は、「入札で大量に購入して日銀に売却する行動を抑える動きだ」と指摘した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE