中国で豚肉が1-3月に61%値上がり、債券価格に影響か-チャート

  中国で豚肉価格が1-3月(第1四半期)に61%上昇した。上昇率は上海JCインテリジェンスがデータ集計を開始した2011年以降で最大。これが一因となり、11日に発表される中国の消費者物価指数(CPI)は5カ月連続で上昇し、債券利回りの低下に歯止めを掛ける可能性がある。

  交銀国際の中国担当チーフストラテジスト、洪灝氏(香港在勤)は「CPIは中国(ChinaのC)豚肉(PorkのP)指数(IndexのI)だ」と指摘。インフレ率が上昇すれば利下げの必要性が低下し、数カ月後の債券価格に影響を及ぼすかもしれないと述べた。

原題:Record Pork-Price Jump Seen Reversing China Bond Advance: Chart(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE