ユニバーサルの「ザ・ボス」が初登場1位-週末の北米映画興行収入

週末の北米映画興行収入ランキングでは、メリッサ・マッカーシー主演のコメディ-映画「ザ・ボス」(原題)が初登場1位となった。2週連続で首位だった「バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生」は2位に後退した。

  調査会社コムスコアが電子メールで10日配布した発表資料によれば、コムキャスト傘下ユニバーサル・ピクチャーズのザ・ボスは2350万ドル(約25億3000万円)を稼いだ。3週目のバットマンvsスーパーマンの興行収入は2340万ドルにとどまった。

原題:Melissa McCarthy’s ‘Boss’ Tops Superheroes at Box Office (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE