日銀のサプライズETF買い、午後相場堅調もたらす-条件緩和か

更新日時

日本銀行のサプライズな上場投資信託(ETF)買いが入って以降、日本株市場が午後に底堅く推移しやすくなっている。円高や企業業績に対する懸念から積極的な買いが入りにくいだけに、需給面で下支えになるとの期待がある。

  日銀は7日、従来通りの日本株のETFを333億円購入した。今月に入り3度目の購入で、過去2回の1日はTOPIXの午前終値が2.8%安、5日は同2.3%安と大幅安だったのに対し、7日はわずか0.2%安だった。日銀は3月18日には1.2%安で購入を見送っていたほか、30日の0.4%安でも買い出動しなかった経緯がある。

  7日午後は為替の急速なドル安・円高が進む中でもTOPIXは底堅く推移し、終値では0.4%高とプラス圏に浮上。サプライズ買いの余韻が残る翌8日は1.4%安で始まったものの、値を切り上げて1.2%高で終了。11日も取引終了にかけて下げ渋り、株式市場では7日以降に午後の底堅さが目立ちつつある。

  東海東京調査センターの仙石誠マーケットアナリストは「7日の日銀買いはサプライズだった。為替が円高基調の中でも、日本株は午後になかなか下がらなかった。売り方の買い戻しを誘った面もあり、プラス圏で終えたことに少しながらも寄与していた」とみる。

  日銀の発表によると、日本株が下げ基調となる中で日銀は1月と2月に積極的にETFを買い入れ、2カ月間で5825億円購入した。一方、3月は672億円にとどまり、1-3月合計では6497億円となった。日銀は年間3兆円のETFの買い入れ政策を継続しており、単純計算では月当たり2500億円が目安になる。

  「1-2月に購入ペースが早くなったこともあって、3月は発動条件を厳しくした」と、東海東京調査の仙石氏は分析。条件を厳しくしたことで3月までは平均水準まで積み上がらなかったため、「4月は発動条件を低下させた。残高を意識しての動きだろう」と言う。

  大和住銀投信投資顧問株式運用部の岩間星二ファンドマネジャーは「企業のガイダンスが出るまであと2週間は株価の動きを警戒している。外国人売りも相当出ているため、日銀は一定の支えになる」と指摘した。7、8日は「2日連続で午後に上がる久しぶりの力強い動きになったことも含め、日銀の買いに対する注目度が上がるかもしれない」としている。

  一方、4月から新たに別枠で開始した「設備投資および人材投資に積極的に取り組んでいる企業を支援するためのETF」については、4日以降に連日12億円を購入している。同枠は年間3000億円。

  週明け11日のTOPIXは先週末に比べて一時1.9%安まで下げた後、午前は1.4%安で終了した。終値は0.6%安の1279.79。新光投信の宮部大介ストラテジストは3営業日連続で下げ渋った背景について、ファンダメンタルズでは株価の水準感が大きいと分析。1万6000円割れで推移している日経平均で見た場合、「日銀が一昨年に追加緩和する前の1万6000円水準はアベノミクスでは維持したいという意向が働きやすく、これを下回ると長期投資家も打診買いを行いやすい」と話していた。

(最終段落に11日の値動きや投資家の見解を追記します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE