ペルー大統領選:フジモリ氏が1位、6月の決選投票へ-出口調査

  • 2位にはクチンスキ元首相とメンドサ氏が並ぶ-イプソス
  • フジモリ氏得票率は37.8%、クチンスキ氏20.9%、メンドサ氏20.3%

10日投開票のペルー大統領選挙では、アルベルト・フジモリ元大統領の長女、ケイコ・フジモリ氏が1位となり、パブロ・クチンスキ元首相とベロニカ・メンドサ氏が統計上、2位に並んだ。出口調査が示した。

  イプソス・ペルーの出口調査によれば、フジモリ氏(40)の得票率は37.8%と過半数には届かず、6月5日の決選投票に進むことになった。クチンスキ元首相の得票率は20.9%、メンドサ氏は20.3%だった。GFKの出口調査も同様の結果だった。  

原題:Keiko Fujimori Tops Peru Vote But Runoff Needed, Exit Poll Shows(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE