円上昇が米株式市場の足をすくう、キャリートレード反転で-チャート

米株式相場は円の上昇に足をすくわれているとの見方が浮上している。ブルームバーグがまとめたデータによれば、対ドルでの円上昇が1%を超えた過去10回のケースにおいてS&P500種株価指数は平均で0.8%下げており、2008年以降で最も大幅な下落となっている。ナショナル・アライアンス・キャピタル・マーケッツの国際債券責任者、アンドルー・ブレナー氏はキャリートレードの行き詰まりが原因ではないかと指摘した。キャリートレードは日本のような低金利の国で借り入れた資金を高利回り資産に投じる取引。

原題:Yen Strength Trips Up U.S. Stocks as Carry Trade Reverses: Chart(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE