ドイツ銀、1人当たり報酬費用が最も高いのは-チャート

2015年のドイツ銀行社員報酬で、1人当たりの費用が最も高かった部門は資産運用部門だった。助言とトランザクションバンキングを手掛けるCIB部門が2番目で、債券と株式のトレーディングを手掛けるグローバルマーケッツ部門は3番目だった。ドイツ銀が顧客と接する行員とサポート要員を合わせたデータを開示した。マーケッツ部門は15年の収入の最も大きな部分を稼いだ。 

原題:Deutsche Bank’s Securities Unit Isn’t the Costliest: Chart(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE