NY金(8日):続伸、週間では1カ月ぶり上昇-成長懸念で逃避需要

8日のニューヨーク金先物相場は続伸。週間ベースでは3月初め以来の上昇。世界的な経済成長をめぐる不透明感を背景に逃避資産とされる金の妙味が高まった。

  ヘレウス・メタルズ・ニューヨークのセールス・マーケティング・マネジャー、ミゲル・ペレスサンタラ氏は電話インタビューで、「景気に関する懸念はまだ非常に強い。金が買われているのはそのためだ」と指摘。「これはすべて米金融当局の利上げ見送りにつながる。経済が利上げを乗り越えられるという確信が当局にはないからだ」と述べた。

  ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物6月限は前日比0.5%高の1オンス=1243.80ドルで終了。週間では3月4日終了週以来の上昇。

  銀先物5月限は1.5%上げて15.384ドル。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のプラチナとパラジウムも値上がりした。

原題:Gold Posts First Weekly Gain in a Month on Growth Concerns(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE