「北朝鮮レストラン」職員13人が韓国に集団亡命-送金圧力の上昇で

北朝鮮が国外で運営するレストランの従業員13人が韓国に亡命した。ここ数年で最大規模の集団亡命となる。経済制裁が金正恩政権に打撃を与えていることが示唆された。

  韓国統一省の報道官は8日、この13人について、1月の核実験を受けた北朝鮮への経済制裁で経営が打撃を受け、亡命を決断したと説明した。北朝鮮政府への送金要求が強まっているほか、インターネットで見た韓国のテレビ番組や映画も亡命を後押ししたと、同報道官は説明した。13人は7日に韓国に到着、うち12人が女性だという。亡命前にどの国のレストランで働いていたかについては、明らかにされていない。

原題:13 North Korean Workers at Restaurant Abroad Defect to South (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE