ドル・円は東京が寝ている間に動く、NY時間に円高加速-チャート

  円相場は今週、7日までに対ドルで約3.2%上昇したが、その特徴の一つは円高・ドル安が加速したのが東京のトレーダーが熟睡し、ロンドンのトレーダーが帰途につく、ニューヨークの取引時間帯だったことだ。日本の当局者からは円高けん制発言が相次いだが、3日間にわたる上昇によって一時は約1年5カ月ぶりの円高水準を付けた。日本時間8日午前には麻生太郎財務相が、最近の動きは一方向に偏っており、場合によっては必要な措置を取ると述べ、円安方向に転じた。

原題:Yen’s Rally Peaks in New York While Tokyo Traders Sleep: Chart(原題)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE