米フェイスブック:個人コンテンツ公開するユーザーが減少-関係者

  • 「友達」リスト拡大で人間関係が希薄化、個人生活の公開ためらう
  • 個人コンテンツ共有の場はスナップチャットやインスタグラムに移る

米フェイスブックは、個人的なオリジナルコンテンツを公開するユーザーの減少に歯止めをかけることに努めている。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。こうしたコンテンツは、同社のソーシャル・ネットワーク・サービス (SNS)が莫大(ばくだい)な利益を生む原動力の1つとなっている。

  フェイスブックによれば、コンテンツの共有自体は依然として全般的に「盛ん」だという。しかし、フェイスブック上の「友達」が増えるに従って、ユーザーらは個人生活に関する最新情報の掲載に消極的になってきたと、これら関係者は指摘した。

  そして、フェイスブックの16億人のユーザーは個人的コンテンツの代わりに、他のサイトで入手したニュースや情報をより多く掲載するようになっている。年を重ねるごとにユーザーの「友達」リストは膨れ上がり、人によっては10年分の知人の数を超えているため、個人生活のエピソードを公開しても全員の興味を引かないのではないかと考えて消極的になっているようだ。

  事情に詳しい関係者の1人によれば、フェイスブック社内でこの問題に取り組んでいる担当者はこの人間関係の希薄化を「コンテキスト・コラプス」と名付けたという。個人情報を共有する場は参加者が比較的少ないスナップチャットや、フェイスブック傘下の画像共有サービス、インスタグラムなどのメッセージング・サービスに移っている。

  ハイテク情報サイト、ジ・インフォメーションは昨年半ば時点の個人的なオリジナル・コンテンツの公開は前年比で21%減少したと、6日報じた。

原題:Facebook Said to Face Decline in People Posting Personal Content(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE