ドル・円の次の節目は106円57銭、フィボナッチ計算-チャート

テクニカル指標では円高基調が続く見通しが示されており、日本の政策当局者はさらに懸命に口先介入する必要に迫られそうだ。フィボナッチ計算を基にすると、円の次の節目は2011年から15年の下落幅の38.2%戻しに相当する1ドル=106円57銭。円は14年10月の日本銀行による金融緩和拡大以降の下落分を全て取り戻しており、日本の通貨当局による介入の時期が市場の関心事となっている。

原題:Yen May Break Through to 106.57 in Fibonacci Retracement: Chart (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE