ジョンズ・ホプキンス大が全米で寄付基金の新たな投資責任者探し

  • 現職のクレシリアスCIOは6月末で退任へ、運用規模は34億ドル
  • 米大学の寄付基金:最近は運用成績が低迷、昨年下期はマイナス

米ジョンズ・ホプキンス大学は寄付基金の運用を担当する新たな最高投資責任者(CIO)を全米で探す。2005年に採用された現職のキャスリン・クレシリアスCIOは6月末で退任する。同大の寄付基金は34億ドル(約3700億円)規模。

  ジョンズ・ホプキンス大広報のデニス・オシェ氏が7日述べた。クレシリアス氏は退任の意向を昨年12月に同大に明らかにしていたという。米大学の寄付基金は最近の運用成績が低迷。ブルームバーグが集計した15の寄付基金は15年7-12月(下期)のトータルリターンが平均でマイナス3.6%だった。

  全米大学経営管理者協会(NACUBO)とコモンファンドによれば、ジョンズ・ホプキンス大の寄付基金の規模は昨年6月末までの1年間に約1.1%縮小し34億ドルとなった。オシェ氏は運用成績のデータ提供を控えた。

原題:Johns Hopkins Seeks Endowment Chief for $3.4 Billion Fund (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE