米アマゾンの「A9」に新たな競争相手か-日本ヤフー出資の新興企業

  • イスラエルの新興企業トウィグルは13.6億円調達、事業拡大に使用へ
  • 中国テンセントに初期投資した実績持つナスパーズも出資

米アマゾン・ドット・コムの電子商取引検索エンジン「A9」に、日本のヤフーが出資するイスラエルの新興企業トウィグルが新たな競争相手として現れそうだ。

  トウィグルは、中国の電子商取引サイトを運営するテンセント・ホールディングス(騰訊)への初期投資で知られる南アフリカ共和国のナスパーズなどから1250万ドル(約13億6000万円)を調達した。

  トウィグルは同社のソフトウエアを世界の主要インターネット小売各社にライセンスを提供することを目指しており、調達資金を世界の事業拡大に使う。

  共同創業者のアミール・コーニグスバーグ最高経営責任者(CEO)はインタビューで、「アマゾンが設立された25年ほど前、自宅から買い物をする選択肢をあらゆる人に提供するという驚くべきことを彼らは成し遂げた」としながらも、「彼らが奪い去ってしまったのはセールスの専門知識だ」と述べた。

  アマゾンにコメントを求めたが、今のところ返答はない。今回の資金調達では日本のヤフーなども出資に加わっている。

原題:Amazon A9 Gets New Competition From Yahoo-Backed Startup Twiggle(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE