麻生財務相:「場合によっては必要な措置」-為替は一方向に偏った動き

麻生太郎財務相は8日、海外市場で1ドル=107円台に突入した為替相場を一方向に偏ったと評価、「場合によっては必要な措置を取る」と述べた。この発言を受けてドル・円相場は円安に振れた。

  午前の閣議後会見で麻生財務相は、足元の為替相場について「一方向に偏った動きが見られているのは確か」と語り、「過度な変動や無秩序な動きは悪影響を与える」とも話した。政府の対応として状況に応じて必要な措置を取る意思を示したが、為替介入を示すのかとの質問については「そういうことには答えない」と応じた。為替相場は急速な円高も円安も望ましくないとしている。

  7日のニューヨーク市場では円が上昇、一時1ドル=108円を突破して約1年半ぶりの高値を付けていた。麻生財務相が4月に入っての円高局面で対応策が必要になる可能性を示したのは初めてで、発言を受けて為替相場は東京市場で1ドル=108円台後半に円安が進んだ。麻生氏に先立ち財務省幹部も為替相場について、投機的な動きがあるなどと述べていた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE