米ギャップの株価が11%下落-3月の既存店売上高、予想下回る

7日の米株式市場の時間外取引で、衣料品チェーンのギャップの株価が一時11%安となった。3月の既存店売上高がアナリストの予想を下回り、業績立て直しの道のりがまだ長いことを示唆した。

  7日の発表資料によると、3月の既存店売上高は6%減少。リテール・メトリックスが集計したアナリスト予想は5%減だった。「バナナ・リパブリック」が特に不調で、同部門の既存店売上高は14%減少した。

  ギャップはさらに、4月入り時点の在庫が予定より高い水準だったことも明らかにした。これを一掃するには値引き販売が必要となるため、今年の利益率は圧迫される。アート・ペック最高経営責任者(CEO)は、同社が今春には回復の兆しを見せ始めると述べていたが、今回の数字はこれまでの進展が後退する可能性を示している。

  ギャップの株価は時間外取引で24.70ドルまで下落。業績改善への期待感から、年初からこの日の通常取引終値までは12%上昇していた。

原題:Gap Tumbles After Its March Sales Miss Already-Low Expectations(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE