ベライゾンがヤフー買収提案へ、日本ヤフー株取得も視野-関係者

更新日時
  • タイムやPE会社のベインとTPGも買収提案を依然検討中と関係者
  • AT&Tとコムキャストは関心失いマイクロソフトも見送り-関係者

ベライゾン・コミュニケーションズは来週、米ヤフーのウェブ事業に対し買収案を提示する計画だ。また交渉を有利に進めるため、米ヤフーが保有する日本のヤフー株の取得にも前向きの姿勢を示している。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

  別の1人の関係者によると、米アルファベットの主力部門グーグルもヤフー中核事業への買収案提示を検討している。

  買収検討に関する情報は部外秘だとして一部関係者が匿名で明らかにしたところによれば、買い手候補だったAT&Tやコムキャストは買収案の提示を見送ることを決めた。さらに別の関係者によると、2008年にヤフーに買収を仕掛けて失敗したマイクロソフトは今回は買収を提案しない意向だ。

  関係者によると、米出版社タイムは依然として買収案提示を検討しており、プライベートエクイティ(PE、未公開株)投資会社のベインとTPGも、単独ないし戦略的買い手を支援する形で買収を目指すことを計画している。これらPE投資会社はまだ実際に戦略的買い手と組んでいないものの、その用意があるという。

  事情に詳しい関係者によると、ヤフーは中核のウェブ事業への初回買収提案の期限を1週間延期し、今月18日に設定した。

  事情に詳しい関係者3人によると、ベライゾンと子会社AOLはヤフー資産買収に向け少なくとも3社を金融アドバイザーに起用。これだけの数のアドバイザーを起用したことはベライゾンの買収意欲の強さを示すとみられる。ベライゾンは昨年後半から、ヤフーの全体ないし一部の取得に関心があると表明してきた。

  ブルームバーグは先月、ヤフーが日本のヤフーの株式35.5%(約85億ドル、約9200億円相当)と中核事業を抱き合わせで売却する案を選好していると報じた。しかし抱き合わせ案では相当な額となるため、PE投資会社による買収はより難しくなる見込みだ。

  ヤフーとAT&T、コムキャスト、タイム、TPG、ベライゾンはいずれもコメントを控えた。ベインとグーグルにコメントを求めたが、今のところ返答は得られていない。

原題:Verizon Said to Plan Bid for Yahoo as Google Weighs Offer (3) (抜粋)

(第5段落に、初回提案期限の延期について追記します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE