加バリアント:デフォルト免除と債務条件緩和で銀行の支援を獲得

カナダの医薬品メーカー、バリアント・ファーマシューティカルズ・インターナショナルは、デフォルト(債務不履行)の適用免除および融資合意の一部条件緩和に向けて銀行の支援を取り付けた。同社は320億ドル(約3兆4700億円)相当の債務負担の軽減を模索している。

  7日の発表によると、バリアントは条件修正と権利放棄について来週の成立を見込んでいる。年次報告書(10-K)の届け出期限は5月31日に、1-3月(第1四半期)決算の提出期限は7月31日にそれぞれ延期されると明らかにした。

  バリアントによれば、同社ローンの元本額の50%以上を保有する複数の金融機関が今回の権利放棄と修正を承認した。

  バリアントは5日、タームローン110億ドル余りの金利の1ポイント上乗せを約束。将来の資産売却による調達資金をさらに債務返済に充てるとも表明した。

原題:Valeant Gets Lender Deal to Waive Default, Loosen Debt Terms(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE