LGTのヘッジファンド、アベノミクスに見切り-改革失速

LGTキャピタル・パートナーズのヘッジファンド運用チームは、「日本再生」戦略に見切りをつけることにした。安倍晋三首相の政策に対する熱い期待が薄れていることが背景。

  スイスのフェフィコンを本拠とするLGTは、安倍政権がインフレを回復させるとの期待の後退と失望を誘う経済指標の内容を受け、利益を確定することにしたと、熊田幹夫グローバルストラテジスト(香港在勤)らが6日のリポートで明らかにした。同社は日本株への投資姿勢を「ニュートラル」と「オーバーウエート」から引き下げるとともに、円への資産配分は増やしたという。

  熊田氏は電話で「ヘッジファンドチームはこのテーマの投資を終了させた。幾つかの戦略停止を伴うものだ。つまり、日本に対してロング気味とする投資を減らすということだ」と述べ、「アベノミクスが政治的な勢いを失い失速しつつあるという当社の懸念を反映している」と説明した。

原題:LGT Hedge Fund Quits Abenomics Bet as Reform Momentum Stalls (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE