中国株:上海総合指数、2週間ぶり大幅下落-貴州茅台酒など安い

更新日時
  • 地合いは依然として非常に弱いとキングストンのウォン氏
  • 香港市場では1カ月ぶりに取引が再開されたZTEが大幅安

7日の中国株式市場で、上海総合指数が2週間ぶりの大幅安。資本フローの動向を示す3月末の外貨準備高を見極めようとする動きが広がった。

  上海総合指数は続落し、前日比1.4%安の3008.42で終了。酒造会社の貴州茅台酒(600519 CH)が1.2%安と、3週間ぶりの大きな下げとなった。CSI300指数は1.5%安。10業種中、テクノロジー株と消費者関連株の指数が最も大きく値下がりした。恒生電子(600570 CH)は3.7%安。

  キングストン・セキュリティーズのエグゼクティブディレクター、ディッキー・ウォン氏は「地合いは依然として非常に弱い」と指摘。「中国当局のPMIなどやや上向いている経済指標もあるが、大きな改善ではない」と述べた。

  香港市場では、この日取引が再開された通信機器メーカーのZTE(中興通訊、763 HK)が10%下落。米政府は同社が対イラン制裁に違反したと主張、同社株は1カ月にわたり売買が停止されていた。ハンセン中国企業株(H株)指数は前日比0.3%安と4営業日続落して引けた。

原題:China’s Stocks Drop Most in Two Weeks as Moutai, ZTE Retreat(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE