中国ZTEの株価、16%急落-米政府措置の影響「非常に不透明」

中国2位の通信機器メーカー、ZTE(中興通訊)の株価が7日の香港市場で約9カ月ぶりの大幅安となった。米政府は同社が対イラン経済制裁に違反したとして、クアルコムなどの米企業がZTEに部品を出荷することを禁止したが、輸出規制をその後一時棚上げし、6月30日まで輸出を認めると発表した。

  ZTEは、米政府の措置に伴う影響について「非常に不透明」であり、民事・刑事処分を受ける可能性があるとのコメントを6日発表した。1カ月間の売買停止を経て7日に取引が再開された同社株価は一時、前営業日比16%安と昨年7月以来の大幅な下落となった。

原題:ZTE Dives as U.S. Probe, Executive Shuffle Stoke Uncertainty (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE