4月6日の海外株式・債券・為替・商品市場

更新日時

欧米市場の株式、債券、為替、商品相場は次 の通り。

◎NY外為:ドルが対円で1年半ぶり安値、FOMC議事録後に下げる

6日のニューヨーク外国為替市場ではドルが下落。米連邦準備制度 理事会(FRB)がこの日連邦公開市場委員会(FOMC、3月15-16 日開催)議事録を公表した直後に、ドルは対円で2014年10月以来の安値 を付けた。

議事録によると、会合では4月の利上げをめぐり議論が交わされ た。幾人かは利上げに対する慎重なアプローチが賢明だとの見解を表明 した。

イエレンFRB議長が3月16日にインフレに対するドルの影響を指 摘すると、ドルは大幅に下げた。同日発表された予測で金融政策当局者 は、年内の利上げ予想を従来の4度から2度に引き下げた。

エドワード・ジョーンズの債券リサーチ部門責任者、トム・カース ティング氏は「興味深かったのは米当局者が世界経済をかなり注視して いたことだ」と述べ、「ドルは若干軟調になってはいるが、それも長期 にわたってかなりの上昇局面が続いている中でのことだ」と続けた。

ニューヨーク時間午後5時現在、ドルは対円で0.5%下げて1ドル =109円79銭。一時は109円34銭に下げた。ドルは対ユーロで0.1%安の 1ユーロ=約1.14ドル。

FOMC議事録が一部のタカ派当局者の見解を反映する内容とな り、ドルは上昇すると予測していたアナリストもいたが、実際には為替 トレーダーが3月のFOMC会合以降維持している弱気な見方を裏付け た。

先物トレーダーは年末までに0.25ポイントの利上げがある確率 を54%として織り込んでいる。先月のFOMC会合の前日は80%だっ た。

みずほフィナンシャルグループの法人為替セールス担当責任者ファ ビアン・エリアソン氏(ニューヨーク在勤)は「世界経済の成長が頻繁 に言及された事実は、当局者の慎重さを示している」と述べ、「それが ドルを若干軟調にした」と続けた。

原題:Dollar Slumps to 1 1/2-Year Low Versus Yen Following Fed Minutes(抜粋)

◎米国株:反発、ヘルスケアやエネルギー中心に買いが戻る

6日の米国株相場は上昇。S&P500種株価指数は約3週間で最大 の上げとなった。合併観測でヘルスケア株が上げたほか、原油上昇を受 けてエネルギー株も買われた。

S&P500種は3日ぶり反発。製薬のファイザーとアラガンが合併 計画を撤回したことで、両社が他の合併候補に目を向けるとの観測が強 まり、バイオ技術株はここ4年余りで最大の上げとなった。原油在庫が 予想外に減少したことで原油相場が上昇し、エネルギー株は3週間ぶり の大幅高となった。

S&P500種株価指数は前日比1.1%高の2066.66。取引終了前の1 時間に上げが加速した。ダウ工業株30種平均は0.6%上げて17716.05ド ル。ナスダック総合指数は1.6%上昇し、今年の高値を付けた。

米連邦準備制度理事会(FRB)が公表した3月の連邦公開市場委 員会(FOMC)議事録では、世界経済の成長減速が米企業の投資計画 と輸出を抑制する可能性についての懸念が示された。株式相場は議事録 発表後も上昇を維持した。

1600億ドル(約17兆5700億円)規模の合併が破談となったファイザ ーは4年ぶりの大幅高。アラガンは3.4%上昇した。米司法省が原油サ ービス大手同士の合併計画差し止めを求め、提訴に踏み切ったことは株 式市場でプラスに受け止められ、ハリバートンは5.9%の値上がり。ベ ーカー・ヒューズは8.8%上昇し昨年8月以来の大幅高となった。

S&P500種のセクター別10指数のうち、この日は8指数が上昇。 ヘルスケアとエネルギーが特に堅調だった。アムジェンやセルジーンな ど医薬品株が急伸し、バーテックス・ファーマシューティカルズ は8.5%高。ナスダックのバイオテクノロジー指数は2011年以来で最高 の6%上昇。

ニューヨーク原油市場ではウェスト・テキサス・インターミディエ ート(WTI)先物が5.2%上昇。シェブロンやアパッチ、ヘスはいず れも大きく値上がりし、エネルギー株指数は3月11日以来の大幅上昇と なった。

11日にはアルコアの第1四半期決算発表によって、新たな決算シー ズンがスタートする。S&P500種採用企業の1-3月期は9.5%の減益 と予想されている。

ハイランド・キャピタル・マネジメント(テキサス州ダラス)のグ ローバル・エクイティ・トレーディング責任者、ジョー・ソウィン氏は 「今の姿勢が決定的に様子見になっているのは、2つの理由がある」と 話す。「一つは、中央銀行からの最新の情報をまだ待っているというこ と。もう一つは企業の業績だ。企業は自社見通しを大きく下げたため、 業績発表は興味深いことになっている。越えるべきハードルがかなり低 くなっており、相場上昇のお膳立てができているようだ」と述べた。

原題:U.S. Stocks Rally as Health-Care, Energy Shares Lead a Rebound(抜粋)

◎米国債:下落、国債売り・社債買いを運用大手コロンビアが推奨

6日の米国債相場は下落。コロンビア・スレッドニードル・インベ ストメンツは米国債と投資適格級社債の利回り差が拡大していることに 注目し、米国債売り・社債買いを勧めている。バンク・オブ・アメリカ (BofA)メリルリンチの高格付け債を対象にした指数によると、同 利回り差は2月に2012年以来の最大に拡大した。

米金融当局の慎重な利上げ姿勢と世界経済の軟調示唆で需要は国債 に向かい、米国債の利回りは低く抑えられている。コロンビア・スレッ ドニードルは、アジアや欧州のマイナス利回りの国債に比べれば、米国 債は投資対象としてかなり魅力があるものの、表面利率は米社債を大き く下回っていると指摘した。

同社の債券責任者、コリン・ランドグレン氏は今週のリポートで、 「投資適格級の社債はスプレッドが歴史的に見ても大幅に拡大してお り、信用リスクを差し引いても投資妙味がある」と指摘した。昨年末時 点の同社の運用資産は約4700億ドル。

ブルームバーグ・ボンド・トレーダーによれば、ニューヨーク時間 午後5時現在、10年債利回りは前日比3ベーシスポイント(bp、1b p=0.01%)上昇の1.75%。同年債(表面利率1.625%、償還2026年2 月)は98 26/32。

ランドグレン氏は米金融当局が利上げに傾くにつれ、米国債利回り が社債よりも大幅に上昇し、利回り差は縮小すると予想。「金利上昇と スプレッドのタイト化は互いに相殺するはずだが、厳密にそうなるわけ ではなく、おおよその形でそうなる」と電子メールで記述。「そうなれ ば価格のリターンはゼロに近づき、投資適格級社債の総リターンはクー ポン前後になるはずだ。最近の市場のリターンを考えれば、クーポンの ようなリターンは相対的に魅力的だと思われる」と指摘した。

米連邦準備制度理事会(FRB)が6日公表した連邦公開市場委員 会(FOMC、3月15-16日開催)議事録によると、会合では4月利上 げの可能性をめぐり議論が交わされた。幾人かの当局者は誤ったシグナ ルを送ることになるとして、4月利上げに反対。一方で 正当化される 可能性があるとする当局者もいた。

TDセキュリティーズの金利ストラテジスト、ジェナディ・ゴール ドバーグ氏(ニューヨーク在勤)は「イエレン議長が現在、ハト派を率 いていることを忘れてはならない。議事録の中で騒音を発しているのは 少数派だ」と指摘した。

金利先物市場が織り込む6月までの利上げ確率は20%。FOMC声 明が発表される前日の3月15日時点では54%あった。この算出は利上げ 後の実効フェデラルファンド(FF)金利が平均0.625%になるとの仮 定に基づく。

原題:Ditch Treasuries for Corporate Debt, $470 Billion Manager Says(抜粋)

◎NY金:反落、ボラティリティ低下-米経済の成長見通し上向く

6日のニューヨーク金先物相場は反落。金の価格変動を示す指標は ほぼ2カ月ぶりの水準に低下した。米経済は強さを増しつつあるとの見 方を背景に、金投資への関心が弱まった。

オプションセラーズ・ドット・コム(フロリダ州タンパ)の創業 者、ジェームズ・コーディアー氏は電話インタビューで、「相場は方向 感のない動きになっている」と指摘。「経済は安定、株式市場は一段と 安定しており、FRB議長が利上げに慎重姿勢を示しても、利上げはい ずれ実施されるだろう。それが金の上値を抑えている」と述べた。

ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物6月限は前日 比0.5%安の1オンス=1223.80ドルで終了。

銀先物5月限は0.4%下落。ニューヨーク商業取引所 (NYMEX)のプラチナとパラジウムも値下がりした。

原題:Gold Price Swings Ease as Investors Assess U.S. Growth Outlook(抜粋)

◎NY原油:大幅続伸、米在庫が86年ぶり高水準から減少

6日のニューヨーク原油先物市場ではウェスト・テキサス・インタ ーミディエート(WTI)先物が大幅続伸。米国の原油在庫が約80年ぶ りの高水準から予想外に減少したことから、買いが膨らんだ。

インベスコ・アドバイザーズ(アトランタ)のポートフォリオマネ ジャー、スコット・ロバーツ氏は在庫統計について、「歓迎すべき数字 だ」と話す。「4月に原油在庫が取り崩されるのは常に喜ばしい」と述 べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物5月限は前日 比1.86ドル(5.18%)高い1バレル=37.75ドルで終了。ロンドン ICEのブレント6月限は1.97ドル(5.2%)上げて39.84ドル。

原題:Oil Surges as Crude Supply Unexpectedly Drops From 86-Year High(抜粋)

◎欧州株:反発、ヘルスケア銘柄上昇-ファイザーとアラガンが合併撤回

6日の欧州株式相場は反発。指標のストックス欧州600指数は一時 約6週間ぶりの安値まで下げたものの、製薬株を中心に反発した。

アストラゼネカはここ2年で最大となる4.5%高。シャイア-とグ ラクソ・スミスクラインも大きく買われた。米ファイザーとアラガン は1600億ドル規模の合併計画を撤回することで合意したことが手掛か り。ジェフリーズ・グループとバンク・オブ・アメリカのアナリストは リポートで過去数日にわたり、合併合意が破綻した場合、これら企業が 買収候補となる可能性があると指摘していた。

ストックス600指数は前日比0.8%高の330.65で終了。前週の米原油 在庫を手掛かりとした原油高を背景に取引終了間際の30分間で上げ幅を 拡大した。

この日はプラスで終了したものの、同指数は今年に入ってから特に 値動きが荒い展開となっている。

セブン・インベストメント・マネジメントの共同設立者、ジャステ ィン・ウルクハート・スチュワート氏(ロンドン在勤)は、「現在の相 場は極めて落ち着きのない状態にある」とし、「投資家らは市場に参加 し始めたが、より大きなリスクを取るまでには至っていない。より多く の経済成長の兆しを確認したいのだ」と語った。

個別銘柄では、スイスのチョコレートメーカー、バリーカレボー が8.3%急伸。同社の上期利益はアナリスト予想ほど落ち込まなかっ た。スウェーデンの衣料小売り、ヘネス・アン ド・マウリッツ(H& M)は5.4%値上がり。3月売上高が増えたことが買い材料。

一方、仏蘭系航空会社のエールフランスKLMグループは3.2% 安。同社は5日遅くに、アレクサンドル・ドジュニアック最高経営責任 者(CEO)が8月1日までに辞任すると発表した。スイスの資源会社 グレンコアは1.2%安。農業部門の株式40%をカナダ年金制度投資委員 会(CPPIB)に25億ドルで売却することで合意した。

原題:Drugmakers Lead Europe Stocks as Pfizer, Allergan Deal Collapses(抜粋)

◎欧州債:独2年債が堅調、新発債落札利回りマイナス-景気悪化反映

6日の欧州債市場でドイツ2年債のパフォーマンスが10年債を上回 った。この日の2年債入札の結果は、ユーロ圏の景気見通しが悪化する 中でマイナス金利の国債に安全と利益を求める動きが強いことを示し た。

ドイツ国債全体の指数は年初来でプラス4.4%のリターンとなって いる。この日実施された32億4000万ユーロ規模の2018年償還債入札は、 平均落札利回りがマイナス0.48%だった。一方、10年債の価格は下落 し、利回りは約1年ぶりの低水準から上昇に転じた。

2年債は今年に入ってから上昇基調にあり、利回りは3月4日に過 去最低となるマイナス0.586%を記録した。この6日後に行われた政策 決定会合で欧州中央銀行(ECB)は主要政策金利を全て引き下げ、資 産購入プログラムの月間購入額を3分の1拡大した。こうした措置が国 債相場を支え、ドイツ国債利回りは今や9年物までマイナスだ。

マイナス金利も国債入札への大きな障害とはなっていない。6日発 表の2月のドイツ鉱工業生産は前月比で減少し、域内経済が直面する困 難をさらに浮き彫りにした。

BNPパリバ(パリ)のシニア債券ストラテジスト、パトリック・ ジャック氏は「全体的に利回りに低下圧力がかかっているのは明らか だ」と述べ、「こうした全ての要因は最近の相場上昇が続く上で追い風 になる」と語った。

ロンドン時間午後4時24分現在、ドイツ2年債利回りは前日比ほぼ 変わらずのマイナス0.489%。同国債(ゼロクーポン、2018年3月償 還)価格は100.955。

欧州債の指標とされるドイツ10年債利回りは2ベーシスポイント (bp、1bp=0.01%)上昇の0.12%。5日には2015年4月以来とな る0.1%割れを記録していた。

原題:Germany’s Auction of Negative-Yielding Notes Highlights Gloom(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE