国内銅生産は1%増の見込み、4~9月期-非鉄8社の地金生産計画

  • 銅地金の8社合計の生産見通しは80万8953トン
  • DOWAが2割超増など銀地金は全体で5%増の計画

非鉄製錬8社の2016年度上期(4-9月)の地金生産計画が6日、出そろった。電線や自動車、半導体部品など幅広い用途で使用される銅地金の全体の生産量は、前年同期と比べて1.4%増の80万8953トンを見込む。

  銅地金は主に伸銅品と銅電線向けに使われる。伸銅協会によると15年度の伸銅品需要は前の年度に比べて6.7%減の76万100トンと3年ぶりの前年割れ、電線工業会によると15年度の銅電線需要も同3.5%減の69万8500トンと6年ぶりに前年を割り込み、ともに低迷した。今年度は来年4月の消費税引き上げ前の駆け込み需要の影響も織り込み、伸銅協会が1.6%増、電線工業会は1.8%増をそれぞれ予想している。

  さび止め用のめっき鋼板として自動車向けなどに使用される亜鉛地金は、三井金属、DOWAホールディングス、東邦亜鉛の3社合計では前年同期比7.8%増の計画。ただ、昨年9月末までは亜鉛地金を生産していた住友金属鉱山が、播磨事業所(兵庫県)での生産を停止したために4社の合計では減産となる。太陽光パネル向けの銀粉需要などが好調でDOWAは銀地金を2割超増産する。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE