グレンコア:農業部門の40%を加公的年金に売却へ-約2760億円で

更新日時

カナダ年金制度投資委員会(CPPIB)は、スイスの資源商社グレンコアの農業部門の株式40%を25億ドル(約2760億円)で取得することに合意した。グレンコアは債務負担軽減のため資産売却を進めている。

  6日の発表によると、グレンコアは小麦とトウモロコシ、大麦、バイオ燃料、綿花、砂糖を扱う農業部門の株式20%をさらに売却するオプションを有している。グレンコアとCPPIBはいずれも、株式売買の完了から8年経過すれば農業部門の新規株式公開(IPO)を提案することができる。取引完了は今年後半の見込み。

  今回の農業部門の一部売却はアイバン・グラゼンバーグ最高経営責任者(CEO)が昨年9月に打ち出した債務圧縮計画の一環。商品下落の中で300億ドルに上る同社債務の規模が懸念を呼んでいた。農業部門の買収にはアジアや中東の政府系ファンド(SWF)のほか、サウジアラビア農畜産業投資会社(SALIC)も手を挙げていた。

原題:Glencore Sells $2.5 Billion Stake in Agriculture Unit (1)(抜粋)

(詳細を追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE